Q9 離婚の話し合いがまとまらない場合は?

夫婦間で離婚について話し合っても、話がまとまらない(協議が成立しない)場合は、調停、審判、裁判となります。

夫婦間で話がまとまらない場合、まずは家庭裁判所に調停を申し立てます(いきなり裁判はできません)。

調停では、中立的な第三者(調停委員)を交えて話し合いをします。離婚調停では、別々に調停室に入って調停委員と話をすることになり、夫婦間で直接話をすることはありません。

意見・希望を伝えることも、相手への説明・説得も、調停委員を通じて行います。

調停で離婚の合意ができた場合には、その内容を調停調書にして「調停離婚」が成立します。

 

調停で離婚の合意ができないときは、裁判を提起することになります。

このとき、例外的に特別の事情があるときには、家庭裁判所の審判によって離婚が認められる場合があります(審判離婚)。

 

また、裁判を提起した後、裁判中に夫婦が離婚に合意したときは、その内容を書面にして「和解離婚」が成立します。

裁判中に和解できず、正当な離婚原因があるときには判決によって離婚が認められます(判決離婚)。

のじま行政書士事務所

お問合せを受け付けております。

TEL:042-686-0323

お気軽にご相談ください。

野嶌 孝文(のじま たかふみ)

 

行政書士

宅地建物取引士

ファイナンシャルプランナー     

 

事務所所在地

東京都八王子市元本郷町4-4-24 (八王子市役所近く)

 

メールでのお問い合わせは24時間受付しています。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

対応地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県

 

離婚に伴う不動産に関する住宅ローン名義問題のご相談はこちら↓