Q10  離婚調停の申立ての手続きはどうやるの?

離婚について夫婦間の話し合いがまとまらない場合には、家庭裁判所の調停手続を利用することができます。

 

申立人は夫又は妻になります。

 

申し立てる裁判所は相手の住所地を管轄する家庭裁判所か又は当事者の合意で定めた家庭裁判所となります。

 

申立てに必要な費用は、

   ①収入印紙 1200円

   ②連絡用の郵便切手(金額は裁判所によって異なるので、申立てされる家庭裁判所へ確認してください)

 

最低限必要な書類としては、

   ①調停の申立書とそのコピー  1通ずつ

   ②夫婦の戸籍謄本  1通

申立書は、裁判所のホームページからダウンロードするか、家庭裁判所でもらえます。

 

調停手続では、離婚そのものだけでなく,離婚後の子どもの親権者を誰にするか、親権者とならない親と子との面会交流をどうするか、養育費、離婚に際しての財産分与や年金分割の割合、慰謝料についてどうするかといった財産に関する問題も一緒に話し合うことができます。

 

裁判所ホームページへ

のじま行政書士事務所

お問合せを受け付けております。

TEL:042-686-0323

お気軽にご相談ください。

野嶌 孝文(のじま たかふみ)

 

行政書士

宅地建物取引士

ファイナンシャルプランナー     

 

事務所所在地

東京都八王子市元本郷町4-4-24 (八王子市役所近く)

 

メールでのお問い合わせは24時間受付しています。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

対応地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県

 

離婚に伴う不動産に関する住宅ローン名義問題のご相談はこちら↓