Q14 離婚原因となる「不貞行為」とは?

 不貞行為とは、夫婦・婚約・内縁関係にある男女のどちらかが、配偶者以外の異性と自由意志で肉体関係を持つ「貞操義務違反」です。貞操義務は、基本的に、婚姻中の男女間に課されますが、「婚姻中」には、内縁関係(事実婚)も含まれます。一般的には、「浮気」や「不倫」と呼ばれる行為のことです。

 

 法律上は、民法第770条第1項第1号に、「配偶者に不貞な行為があったとき。」と記載されている法定離婚事由として認められる離婚原因の一つです

 

「不貞行為」は、離婚原因として最も多い「性格の不一致」に次ぎ2番目で、その多さが分かります。

のじま行政書士事務所

お問合せを受け付けております。

TEL:042-686-0323

お気軽にご相談ください。

野嶌 孝文(のじま たかふみ)

 

行政書士

宅地建物取引士

ファイナンシャルプランナー     

 

事務所所在地

東京都八王子市元本郷町4-4-24 (八王子市役所近く)

 

メールでのお問い合わせは24時間受付しています。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

対応地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県

 

離婚に伴う不動産に関する住宅ローン名義問題のご相談はこちら↓