Q16 飲酒好き・アルコール依存は離婚理由になる?

民法上、離婚原因は以下のように定められています(民法770条1項)。

(1)不貞、(2)悪意の遺棄、(3)3年以上の生死不明、(4)回復しがたい精神病、

(5)その他婚姻を継続し難い重大な事由です。

 

単なる飲酒好きやアルコール依存だけでは離婚理由が認められない可能性が高いです。

 

ただし、働かずに飲酒ばかりしている、飲酒の上で暴力を振るう、夫(妻)のアルコー

ル依存が原因で夫婦仲が悪化しているなど、これ以上婚姻関係を継続していくことが困

難になるほど夫婦関係が破綻しているなら、離婚が認められる可能性があります。 

のじま行政書士事務所

お問合せを受け付けております。

TEL:042-686-0323

お気軽にご相談ください。

野嶌 孝文(のじま たかふみ)

 

行政書士

宅地建物取引士

ファイナンシャルプランナー     

 

事務所所在地

東京都八王子市元本郷町4-4-24 (八王子市役所近く)

 

メールでのお問い合わせは24時間受付しています。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

対応地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県

 

離婚に伴う不動産に関する住宅ローン名義問題のご相談はこちら↓