Q21 有責配偶者になる場合は?

「有責配偶者」とは、離婚の原因について主として責任のある配偶者のことを言います。

有責配偶者とされるのは、民法770条1項で定められている相手に離婚を求めることができる条件とほぼ同一の場合と考えられ、中でも特に多いケースが、「1. 配偶者に不貞な行為があったとき。」と「2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき。」です。

 

「1. 配偶者に不貞な行為があったとき。」とは、

一般的に、「浮気」や「不倫」と呼ばれる行為をした場合には、「不貞な行為」があったということになります。

 

「2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき。」とは、

健康なのに仕事も家事もしないなど、家庭を育んでいくなかで、必要なサポートや協力を行ってこなかった場合には、「悪意の遺棄」があったということになります。

 

*******************

のじま行政書士事務所

行政書士 野嶌 孝文(のじま たかふみ)

192-0051

東京都八王子市元本郷町4-4-24

TEL042-686-0323

携帯:090-6039-4817

e-mailinfo@nojima-gyosei.jp

URLhttps://sanpai.nojima-gyosei.jp/

http://souzokusoudan-center.com/

*******************

 

のじま行政書士事務所

お問合せを受け付けております。

TEL:042-686-0323

お気軽にご相談ください。

野嶌 孝文(のじま たかふみ)

 

行政書士

宅地建物取引士

ファイナンシャルプランナー     

 

事務所所在地

東京都八王子市元本郷町4-4-24 (八王子市役所近く)

 

メールでのお問い合わせは24時間受付しています。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

対応地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県

 

離婚に伴う不動産に関する住宅ローン名義問題のご相談はこちら↓