Q34 慰謝料請求をできるケース・できないケース

慰謝料を請求する方に離婚原因(有責行為)がある場合はもちろん「ダメ」です。

慰謝料の請求ができるケースとしては、DV、夫婦の協力義務違反、通常の性行為の拒否、過度の飲酒、ギャンブルでの浪費、異常な性行為の強要などがあげられます。
また、過度の飲酒、ギャンブルでの浪費、異常な性行為の強要なども慰謝料の請求ができると考えられます。

一方、離婚理由としてもっとも多い【性格の不一致】は、余程のことがない限り有責性の判断が難しいため、慰謝料の対象にはなりません。
また、親族との関係不和、宗教上の問題なども、慰謝料の対象にはなりません。

 

*******************

のじま行政書士事務所

行政書士 野嶌 孝文(のじま たかふみ)

192-0051

東京都八王子市元本郷町4-4-24

TEL042-686-0323

携帯:090-6039-4817

e-mailinfo@nojima-gyosei.jp

URLhttps://sanpai.nojima-gyosei.jp/

http://souzokusoudan-center.com/

https://www.nojima-gyosei.jp/

 

*******************

のじま行政書士事務所

お問合せを受け付けております。

TEL:042-686-0323

お気軽にご相談ください。

野嶌 孝文(のじま たかふみ)

 

行政書士

宅地建物取引士

ファイナンシャルプランナー     

 

事務所所在地

東京都八王子市元本郷町4-4-24 (八王子市役所近く)

 

メールでのお問い合わせは24時間受付しています。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

対応地域

首都圏近郊:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県

 

離婚に伴う不動産に関する住宅ローン名義問題のご相談はこちら↓